ピッコマ『実は私が本物だった』第5話ネタバレ&感想

第5話 ネタバレ

「本当にそれだけか?」

「う・・・嘘よ!早く本当のことを言いなさい!」

「大公閣下に嘘を申し上げるはずがございません!どうか信じてください!!」

その言葉を聞いたメイド達がヒソヒソと話し出した。

「そんな理由で100回も打たれたの?」

「お嬢様のお世話が大変なのは事実じゃない」

父

「呆れてものも言えないな。コゼットのメイドがそんなにも目障りだったのか?」

「お父様誤解です!理由は分からないけどみんなが私を陥れようと——」

バチン

父が頬を叩く。

「一体どこまで・・・どこまで私を失望させる気だ!」

「お・・・お父様・・・」

「そう呼ぶな・・・虫唾が走る。1ヵ月間、離れで謹慎しなさい。そして当分の間私の前に現れない方がいいだろう」

******

「お父様が寛大なお方で良かったわね」

コゼット
コゼット

「実は私・・・見たかったの。あなたがミナと同じように罰を受ける姿を・・・1カ月の謹慎だなんて残念だわ」

「あなたの仕業でしょ!?」

「あら・・・腹が立ってしょうがないみたいね。殴ってもいいのよ?もっと窮地に追い込まれたいなら」

******

コゼットと父が歩く姿をキイラが窓から眺めていた。

コゼット「お父様今日は忙しくないんですか?」

突然、父がこっちを見上げてくる。しかし、それも一瞬の出来事だった。

コゼット「お父様、庭園に行きましょう」

キイラ
キイラ

(大丈夫・・・精霊士の力を証明できたら、あの女を追い出すことができる。そしたらきっとお父様も・・・私を認めてくれるはず。全てを元通りに戻すのよ!)

(だから早く)

(早く)

(早く)

(早く!)

(早く発言して・・・!!)

コゼットよりも先に——

強く望んだキイラに精霊の力が反応する。

喜ぶキイラ。

しかし

「お父様見てください。ついに精霊を扱えるようになりました!」

キイラが見たものは幻で実際に発言したのはコゼットの方だった。

コゼット
コゼット

「私の誕生日にベアトリーチェと交感できて本当に嬉しいです」

「公女様おめでとうございます」

「ど・・・どうして・・・あなたなの・・・?」

「あのニセモノを今すぐ牢獄に入れましょう!」

「公女に成りすまし権力を振るった罪を問うのです!」

「18年間も我々を騙していたなんて邪悪な魔族に違いない!!」

「魔族を呼んでこの地を壊滅させる策略だったのでしょう!」

「逃げる前に今すぐ捕らえろ!!」

キイラが父を見上げる。父は眉をひそめ唇を噛んでいた。

その後、私は・・・災いを招く罪人として死刑宣告を受けた。

そう・・・そうやって全てが終わった

はずだったが・・・

金髪に青い目の男が魔法を使い何かが起こった。

ズドオオオオン

ドカン

目が覚めるキイラ。

「うっ・・・あっ!」

首に電気がはしり苦しむキイラ。

「何事ですか!?キイラお嬢様!」

メイドが部屋に入り、

首をおさえベッドから涙目で起き上がるキイラ。

第5話 感想

死んだはずですが生き返ったようですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください