ピッコマ『小説の中の悪女皇帝になった』第12話 ネタバレ&感想

第12話 ネタバレ

【反逆勢力の密会】

「すでに騎士団は集まっております。今更やめることは・・・」

「わかってるじゃないですか正気に戻った陛下の相手は今の騎士団では無理だってことを!」

「だから辞めると?」

「しばらく様子を見たほうがいいでしょう」

「しかも裁判まで開くとは・・・」

「今回も気まぐれに決まってます!罠かもしれません!」

「・・・・・・私はそろそろ帰らせていただきます」とベヌース伯爵は言う。

「なんですと・・・!?」

「大局も読めないあなたたちに成し遂げられるとは思えません」

「では伯爵は皇帝が信用できると言いたいんですか?ただの気まぐれに・・・」

「ただの気まぐれなのか私の判断が間違っていたのかはすぐにわかることでしょう」

「ベヌース伯爵!」

「それにお忘れのようですが」

「何をだね?」

ベヌース伯爵
ベヌース伯爵

「我々が反逆を企んだのは犠牲を減らすためでした。血を流さず正せる機会があるのにそれを拒む理由があるとでも?」

ベヌース伯爵はそのまま去ってしまった。

「・・・・・・」

「・・・・・・」

「本当に言ってしまいましたね」

「若造のくせに生意気な・・・少し頭が回るからって調子に乗っているんです。これだから他国の奴は・・・」

「なんですと!?今の発言は聞き捨てなりませんぞ!」

「静粛に」

「公爵はどうお考えなのですか?」

「そうです!あなたの意見をお聞かせください!」

「・・・・・・」

ユースト
ユースト

(私はすでに心を決めたはずだ。いやはずだった)

******

【ユースト過去side】

「い・・・一大事です!皇帝が幽閉塔へ向かったようです!」

数日前、幽閉塔へ出向いたとの報告を受けすぐに現場に向かい状況を伺ったが

ユリア「下がれ」

ユースト「・・・・・・」

何を企んでいるのか推測すらできず

「急に貴族を招集するだなんて・・・いったいどうなってるんでしょうか・・・」

今日、突然貴族を招集した陛下が

「忙しい中集まってくれてありがとう。」

「このまま野放しにしておくつもりはない」

会議で見せてくれた姿を見て自分の決定に疑問を抱いた。

ユースト
ユースト

(私は・・・いつも罪悪感に苦しんでいた。最も近くで仕えていたのに陛下を正すことができなかったから)

******

ユースト「陛下、彼らは陛下に忠誠を誓った者たちです。どうか処刑だけは撤回を・・・!」

(罪悪感が混じった進言と懇願・・・)

ユリア「ユーストお前はいつも面白くない話ばかりするな」

(だが陛下は変わらず・・・)

ユリア「つまらない話はさておき一緒に酒でもどうだ」

(俺は諦めることにした・・・)

ユースト
ユースト

(以前の陛下に戻すことができるなら悪魔にだって魂を売り自分の体を八つ裂きにされても構わないとさえ思いながら・・・諦めたのに・・・なぜ今になって・・・!)

******

フェーズ公爵「陛下に偽りの証言を・・・!」

ユリア「嘘を申す者ほど口数が多いと言ったな?」

ユースト
ユースト

(2年前からどんどん濁っていって見ることができなかった黄金に光る剣気をまとった陛下を今日見た。幼い頃、見習い騎士の時に見て以来一目惚れしてしまった。神々しくて美しい心を魅了する黄金の色

あまりの切実さに幻覚を見てしまったんだろうか・・・もしそうじゃなかったら?本当に以前の陛下に戻ったのだとしたら)

******

【現在】

「・・・・・・」

「・・・・・・」

「明日陛下に会ってきます」

「公爵・・・」

「みなさんが力を合わせたところで太刀打ちできる方ではありません」

ユースト
ユースト

(もう一度、陛下に会って確かめる必要がある。どんな真実と向き合うことになったとしても)

******

(流石フレーナだわ)とユリアは風呂に入りながら思う。

(大勢の前で皇帝っぽく振舞ったせいか肩がこったわね)

ユリア
ユリア

(小説の中で反逆が起きるのは明日だったっけ。ベヌース伯爵は興味を失ったようだったけど他の者はまだわからないわ。特にユースト。フェリックスに監視をお願いしたからある程度の動向は伺えるけど・・・

まあいっかやれることは全てやった。あとは見届けるしかない)

第12話 感想

ユーストが可哀想になりますね。やっとの思いで反逆を決意したのに今度は陛下が正気に戻ったかどうか判断に迫られるとわ・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください