『俺だけレベルアップな件』第26話 感想とあらすじ&ネタバレ注意!

「俺だけレベルアップな件」がオススメ!今すぐ「ピッコマ」で読んでみよう!http://piccoma.com/web/product/5523

2019年6月14日から『ピッコマ』サイトで第26話公開中。

第26話 あらすじ&ネタバレ  

諸菱からの報酬に驚く旬。

後日、一緒にランニングをしていた妹の葵に旬は30億が手に入れば何したいか聞く。葵は、貯金か広い家に引っ越しとこたえた。

30億なんて現実味ないと話す葵。旬は現実味ないか・・・たしかにと考え、そのまま葵をおいてかけていく。

旬は諸菱とのカフェでの話を振り返る。C級レイド19回をすることで手に入る30億の物件。断る理由がないが、どうするべきかと悩む。

再覚醒者の中でも特殊な成長可能なハンター。レベルアップすることでS級を超える可能性。S級を超えれば30億なんてはした金だとも考える旬だったが・・・

旬は、諸菱に1つ条件をだす。諸菱と旬ふたりでダンジョンに行くこと。諸菱は、ふたりでC級ダンジョンをクリアしなければいけない条件にガクガクと震えた。

C級ゲートに入るためにはメンバーが10人必要だと諸菱は旬に確認する。旬は右京 隼人のしていた人数合わせを雇うことを話す。

危険だと話す諸菱に、 ふたりが無事なら19回連続無事故の攻撃隊も可能だと旬は話す。諸菱は父に実力を認めてもらうため納得した。

その後、旬の脳裏にデイリークエスト完了通知がくることで我に返る。

旬は、デイリークエスト達成後もそのままカウントされていることに気づく。葵を待つ間、最大値までカウントを上げることにした旬。やっと追いつくことができた葵だったが、ランニング他はカウントされなくなってしまった為また走りだす旬。

一方アメリカのワシントンでは、右京 隼人の弟である将人が旬と諸菱の情報を集めていた。

将人は日本で人を殺したらどうなるかローラに聞く。ローラはアメリカの国籍を持つハンターはアメリカで裁かれ政府との交渉次第で減刑も可能と話す。

将人は兄が弱い者に体を張るような人間ではないと確信していた。兄を罠にはめた者に会おうとするが、二カ月先まで予定がある将人。そこで、二カ月後までそいつらが息絶えないことを願うばかりだとこぼすのだった。

日本では、旬がデイリークエストのノルマを2倍こなすことでシークレットクエストに変わることを知る。シークレット報酬には、祝福されたランダムボックスと呪われたランダムボックスが追加されていた。

デイリークエストを2倍こなせば毎回シークレットクエストになるのか、祝福されたランダムボックスを選んだ旬は呪われたランダムボックスを手にいれる事はできないかもしれないと考えた。

旬は、祝福されたランダムボックスで入手難易度S級の悪魔の城の鍵を手にいれる。

悪魔の城の鍵を使う旬。E級の鍵でE級のダンジョンだった。もし鍵の入手難易度がダンジョンと匹敵するならこれから向かうダンジョンはS級である。生きて帰るためにも危ない時は、以前使わなかった帰還石を使おうと考える旬だった。

旬は、諸菱と2人でC級ダンジョンをクリアするためにも自分がどの位置にいるか知ろうとする。

旬に立ちはだかるのは、赤い文字表記の『地獄の門番ケロべロス』だった。

三つ頭のケロべロス。

「こんなとこで息絶えるもんか」

もっとレベルアップしてやる!

第26話 登場人物の紹介

水篠 旬 ・・・主人公。史上最弱兵器とあだ名のE級ハンター。シークレットダンジョンのクリアにより、デイリークエストをシステムに強制させられている。

水篠 葵 ・・・主人公の妹

諸菱 賢太・・・諸菱財閥の息子。D級ハンター

右京 隼人・・・将人の兄。C級ハンター。

右京 将人・・・隼人の弟。S級ハンター。現在、アメリカのワシントンにいる。

ローラ ・・・右京 将人の秘書?

第26話 まとめ&感想

諸菱からの報酬は30億と驚きの高額報酬でしたが、旬のS級を超える可能性と可能性によってははした金と考える旬にもみどころです。

また、デイリークエストを2倍するとシークレットクエストに変わるなどまさにゲームの世界観あふれる物語です。新たなる敵の将人や実質2人で行くクエストも気になりますが・・・

次回は地獄の門番ケロべロスとの戦いです。待ち遠しいですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください